10月1日、台風一過

今日から10月ですね。

そして今日からこちらでブログをはじめることにしました。

9/29(土)、30(日)は蓼科高原映画祭におじゃまさせて頂きました。

今年は『ピンカートンに会いにいく』が上映され、主演の内田慈さんと坂下雄一郎監督が上映後の舞台挨拶に登壇されました☺︎

私は、昨年『東京ウィンドオーケストラ』を上映して頂いた際は生憎予定が合わず伺えなかったので今回は念願叶い映画祭を満喫させて頂きました。

到着した日はオープニングセレモニーのあとに小津安二郎監督『東京物語』をスクリーンで鑑賞後、元小津組プロデューサー山内静夫さんと女優、香川京子さんの対談(司会進行は我らが松本行央さん)を聞かせて頂きました。

(↑私とカメラマン山本さんを撮影する松本さん)

『東京物語』、DVDでは何度も観ていましたが、大きなスクリーン、さらには4Kデジタル修復版ということで、これまで観た中でいちばん感動しました。

また夜の交流パーティーでは、数年ぶりに佐々部監督や、他にもお久しぶりの方にお会いすることができました。

二日目は新星劇場にて、『ピンカートンに会いにいく』が上映されました。

台風予報でしたが、午前中は雨も止んでいたので沢山の方がご来場下さいました☺︎

私は初号も合わせると3.4回観ているのですが、公開から少し時間が経ち、私自身にも何か変化があったのかこれまでとは違う視点で鑑賞することができました。

蓼科高原映画祭は、地元の方々の愛に満ち溢れたとても暖かい映画祭でした。

関係者のみなさま、

蓼科のみなさま、

ありがとうございました。

また伺うことができますように。

そして、内田慈さんはやっぱり素敵なお方でした♡

(『ピンカートンに会いにいく』撮影時)

さて、本日はまた上の親知らずの抜歯です。

ドキドキです。。。